「閉ざされた聖地」奧上高地明神
日帰りスノートレツキング
4/8
参加者募集

爽やか春の息吹、赤く染まる化粧ヤナギの群落をながめる奧上高地は訪れる人々の心を魅了し続けてやまない。日帰りコース

神秘の光に包まれたアルピニスト達の聖地、冬の奧上高地、明神池周辺を一日楽しむコースです。厳冬期の上高地は冬山登山者かプロの写真家のみの上高地であった数年前とは違い今は、アウトドアーを楽しむお客さんが多く訪れています。このコースは、スノーシューかネイチャースキーで雪の季節しか入ることの出来ない大正池、田代池、奧上高地の天然の森、冬越から目覚める春の息吹を感じるハルニレ、もみの木、オオシラビソ、真っ赤な化粧ヤナギ、などの大自然の森を散策、(運が良ければ天然カモシカ、リスとの出会いも)水墨画のような焼岳、穂高連峰の一部、明神岳の絶景を仰ぎ見ることが出来ます。梓川沿いの左岸のコースは真っ赤なケショウ柳は梢が白く化粧した群生が見られます。本州では閉ざされた「聖地」上高地でしか見ることが出来ません。、(水鳥、野鳥などが物珍しく近寄ってきます)観察しながら梓川左岸コース河童橋、明神池へと進みます。帰路は梓川右岸コースを取ります。(天候によっては左岸自動車道)

コースタイム

ホテル杣乃家7:00分出発〜7:30分釜トンネル〜大正池8:30分トイレ休憩〜9:10分田代池休憩10:00〜梓川左岸〜11:00ウエストンレリ

ーフ前11:40分~ 明神池昼食自由散策1:30分梓川右岸コース 〜 2:30分バスターミナル、トイレ休憩〜 4:15分ホテル杣乃家着


持ち物(個人)

防寒用靴、(ゴム防寒長靴でもよい) 、登山用ウエアー、セーター、バックパック、手袋、帽子、、靴下、アンダーウエアー、保温水筒、飲み物、嗜好品、手袋、靴下の予備、ロングスパッツ、雨具、サングラスなど。


平成24年ガイド日程 4/8を予定しております。  

☆此の日程に会わず参加者4名以上の場合、御案内同行の希望が御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

参加費

宿泊代+5000円 (弁当代、 ガイド料)

この計画はスノーシュー歩く、で計画いたしております。

前日ミーテングを致します。

※悪天候の場合はコース変更か計画を中止する場合も御座います。

※スノーシュー、レンタルの場合は事前に連絡してください。

※一般参加については事前にお電話、メールにて御申し込み承ります。


上高地の玄関口
さわんど温泉 ホテル杣乃家 TOPへ