伝統行事 さわんどの祭り

さわんどに古くから伝わる祭りで最も特徴的なものに「どんどやき」があります。
これは、各地では「三九郎」、「塞の神(せいのかみ)」などと呼ばれている火祭りとほぼ同じですが
この地区では特別に「厄撒き(やくまき)」ともいわれています。その訳はまず、これに火をつけることができるのは男ならかぞえで2才、42才、女ならかぞえで33才のいわゆる、厄年の人だけです。更に、火勢が最高潮になった頃、「投げ銭」といって
その人の「厄」を現金に託して投げ入れられます。それを周囲の人は先を争って拾います。時には紙幣も舞います。
(このお金はその日の内に使ってしまうというしきたりがあります。)投げ銭の拾い集めた金額で個人その年の厄除けを占っております。
!!今年は果して何千円拾うことが出来るかな!!

ですからこの日だけは、遠くに嫁いだ娘さんやその家族、お客様などで一年で一番、さわんどの人口が多くなります。
この、三九郎作りほ毎年、男女衆総出で作られます。
高さ6mほどにモミ、ツガ、スギ、ヒノキなどの葉を積み上げていきます。中心部までぎっしり針葉樹が詰まっていますから
たとえ雪がかぶっていても猛烈に燃え上がります。燃え上がりの状況で一年の厄払いの判断を各自判断します。



 今回のどんどやき(三九郎)のお知らせ −

1月14日(月) 19:30から
場所 : さわんど足湯公園

当日は地元小学校児童による太鼓の演奏、
樽酒・豚汁・繭玉などの提供、かまくら遊びや足湯の利用もできます。

お近くにお越しの際には是非お立ち寄りください。
どんどやきの炎で身も心もきっと暖まるでしょう。
皆様のご参加をお待ちしております。〜参加費無料

☆☆当日宿泊のお客様、宿泊料金の10%引きでサービス。


どんどやき



地元小学生の祭り太鼓






1月14日、夕方7時になると始まります。
先ず、「殿」と呼ばれる厄年の人が松明で点火します。

 この「殿」についてはおもしろい習慣があります。
それは、当日は自分の家から直接来てはいけないと
いうことです。
ですから大抵は近い親戚などの家で少し御神酒を頂き、
そこで松明に火をもらい、会場に来ます。
そしてさらに、終わった後も直接自分の家へ
帰ってはいけません。
先ほどの家へいったん戻り、また御神酒を少し頂いてから
自分の家へ戻ることができます。

 この理由はもしかしたら、「疫病神」に自分の家を
知られまいとするためかもしれません。

 大殿はこの日には大金が必要です。
このためにわざわざ作った信玄袋には「銭」がどっさり
入れてあります。

 大殿はこれを張り切って空高く投げるものですから、
頭や顔に当たるとけっこう痛いものです。
特に500円玉は強烈です。

 空高く火の粉を巻き上げながら燃える様はとても
きれいですが、目の前に「銭」が落ちていても
熱くてとても拾いには行けません。
子供の頃にはよく、翌朝まだ暗いうちに燃え殻を
つっつきに行ったものでした。

 おいで頂いた方には豚汁のサービスがあります。
これは毎年とても好評で、点火前の冷えた体を
内側から暖めてくれます。

 沢渡を遠く離れている人たちも、せめてこの日だけは
子供や孫を連れて、どんどやきの火の回りに集い、
昔話に花を咲かせてもらえたらと思います。
そして、この奇妙な風習を絶やさないように
語り継いでいって欲しいものです。






花餅を焼く子供

あったか豚汁