松本藩の「御用杣」について

梓川の上流には槍・穂高連峰・乗鞍岳などがあり
また支流も多く、古くからの森林資源が豊かであった。

江戸時代になると、このあたり一帯は松本藩の藩有林となった。

城下町や領内での材木の需要が増えてくると、
藩では梓川流域に住んでいる人々や職人を山に入れて木を伐らせ、
建築材や薪をはじめ、曲げ物、屋根板類するくれ木、
白木を梓川で流し、松本の堀米渡場まで運搬させたのである。

このように山で木を伐り、半加工をし、また木流しなどに携わって、
藩から賃金や扶持米をもらって生計を立てていた人を「杣」と呼んでいたのである。

梓川流域に住む大方の人々が、松本藩がなくなるまで、
この杣仕事に従事していたのである。

またこの杣仕事は松本藩直属の仕事であったので「御用杣」と呼ばれ、
当時の身分制度の中で百姓(士農工商の第二位)に処遇されていた。

当家の屋号「杣乃家」はこの御用杣に由来する。


(C)ホテル杣乃家 そまのや</ a>